メニュー

痛風について

痛風は、尿酸が体内に蓄積し結晶化して間接などにあらわれ痛みをともなう疾患です。

痛みは激痛となることが多く、風が当たっただけでも痛むなどの説から、痛風と命名されたと言われています。

尿酸の結晶は比重が高く、重力によって足部に沈着しやすいため、足・かかと等に痛みをともなうケースが多くあります。

原因

アルコールは肝臓で尿酸がつくられるのを促進し、尿酸の濃度を上げてしまうため痛風の原因となっていると言われています。そのほか、精神的ストレスや水分接種の不足も原因となることがあります。

治療

まずは痛みの発生を抑える薬や炎症を抑える薬などの投薬によって治療いたします。その後、尿酸を下げるお薬を使い徐々に血液中の尿酸値を下げていきます。尿酸値が低い状態が持続すると尿酸の結晶が徐々に溶け出して痛風発作を起こりにくくなります。また、食事の改善なども指導いたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME