メニュー

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群睡眠時無呼吸症候群とは、眠っているときに、「無呼吸(10秒以上呼吸が止まること)」の状態が1時間あたり5回以上、または、7時間の睡眠の中で30回以上ある場合に診断される病気です。主に、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。
英語でSleep Apnea Syndromeといわれ、SASと略して呼ばれることもあります。

SASは睡眠中の低酸素や日中の眠気などによるストレスのために,高血圧,脳卒中,心筋梗塞などの虚血性肺疾患の発生を増加させます。また、糖尿病,高脂血症もしばしば合併します。

下記の症状がある方は当院にご相談ください。

  • 就寝中の意識覚醒の短い反復、およびそれによる脳の不眠
  • 昼間の耐えがたい眠気
  • 抑うつ
  • 頻回の中途覚醒 集中力の低下
  • (家族などが気づく)睡眠時の呼吸の停止
  • (家族などが気づく)大きな鼾(いびき)など
  • (家族などが気づく)夜間頻尿(2型糖尿病になりやすくなる)
  • 起床時の頭痛
  • のどが渇く
  • こむら返り

検査について

日中の眠気を評価するエスワープ眠気尺度(ESS)問診票で眠気を評価し、ご自宅でできる簡易検査(アプノモニター)を行います。簡易検査で治療に入る場合もありますが、脳波を含めた精密検査(ポリソムのグラフィー;PSG)が必要な場合には1泊2日の入院が必要になります。

治療について

精密検査で呼吸が止まったり,浅くなったりする回数(無呼吸低呼吸指数;AHI)が1時間に20回以上ある場合,鼻マスクによる持続陽圧呼吸療法(CPAP)を行います。また、マウスピースを使った治療や外科的治療が必要な場合もあり、その際は提携している歯科、総合病院をご紹介いたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME